自費診療|京都市右京区のにしお循環器内科クリニック|AGA治療 ED治療 アンチエイジン

自費診療|京都市右京区のにしお循環器内科クリニック|AGA治療 ED治療 アンチエイジン

自費診療

当院では、自費診療にてAGA治療のプロペシア、ED治療、アンチエイジングに効果的なプラセンタ注射などを取り扱っております。お気軽にご相談ください。

AGA(男性型脱毛症)とは

男性の薄毛は、「男性型脱毛症」(AGA:androgenetic alopecia)、通称「薄毛症」と呼ばれ、思春期以降に始まって徐々に進行する、男性では最もよく見られる脱毛症です。前頭部と頭頂部の毛髪が軟毛化して細く短くなり、最終的には頭の生え際が後退し、頭頂部の毛髪が失われることが特徴で、日本の成人男性の4人に1人くらいが薄毛症と言われます。薄毛症は、遺伝や男性ホルモンによる発毛サイクルの乱れなどが主な原因と考えられています。

薄毛治療は早めのケアが効果的です

薄毛症は進行性の脱毛症であり、何もせずに放っておくと、毛髪の数は次第に減っていきますので、早めのケアが大切です。
当院は、個人情報やプライバシーに配慮しながら診療を行いますので、安心してご相談ください。

AGA(男性型脱毛症)治療について

当院では、内服薬「プロペシア」による薄毛症の治療を行っております。
プロペシアは、その含有成分である「フィナステリド」が、脱毛作用の強い男性ホルモンとして知られるDHT(ジヒドロテストステロン)を生成する還元酵素2型5αリダクターゼの働きを抑制して発毛を促進し、毛根を深く、髪を太くしてくれます。

ED(勃起不全)とは

ED(Erectile Dysfunction)とは、「勃起しない、または勃起が持続しないために満足な性交ができない状態」のことを言います。
「完全に勃起できない」ことだけを指すわけではなく、「勃起に時間がかかる」、「途中で萎えてしまう」、「満足のいく性行為ができない」と感じる人は、いずれもEDの疑いがあります。


成人男性の4人に1人がEDといわれています

EDは年齢を重ねるごとに誰もがなり得る症状で、成人男性の4人に1人、50代以上の男性では2人に1人がEDを有すると言われます。
そこには、糖尿病などの基礎疾患が関与しているケースが少なくありません(健康な人と比べ、糖尿病の男性がEDを起こす確率は2~3倍高くなると言われます)。
前立腺疾患の治療後のEDも増えています。
また近年は若年者にも、ストレスや精神的な原因からEDに悩むようになる人が少なからずみられます。

ED(勃起不全)の治療について

現在、ED治療には良い薬(勃起を促す補助薬)がいろいろ開発されています(バイアグラ、レビトラ、シアリスなど)。ご要望を考慮に入れながら、個々の患者様に最も適した薬を処方いたします。
お気軽にご相談ください。

アンチエイジング

当院ではアンチエイジング(老化防止)に役立ち、若返り効果や美肌作用がある「プラセンタ」を取り扱っております。プラセンタ注射を希望する方には、適切な用法・用量を検討した上で投与いたします。お気軽にご相談ください。


プラセンタとは

「プラセンタ」とは“胎盤”のことです。プラセンタには、赤ちゃんを誕生させるために必要な豊富な栄養素(ヒアルロン酸、コラーゲン、各種必須アミノ酸、たんぱく質)と成長因子(胎児が子宮の中で驚異的とも言える成長を遂げるために必要とされる成分)が含まれています。プラセンタは体内状況を調整する作用をもち、組織を本来あるべき状態に戻そうとする力を発揮します。
もともとは肝機能改善薬として認可された注射薬だったのですが、若返り効果や美肌作用があるため、多くの女性の治療に取り入れられています。